トップガン

茨城空港にて

カテゴリー: お知らせ | トップガン はコメントを受け付けていません。

藤の花

市貝町芝桜公園の藤の花

カテゴリー: お知らせ | 藤の花 はコメントを受け付けていません。

市貝町芝桜公園

カテゴリー: お知らせ | 市貝町芝桜公園 はコメントを受け付けていません。

O&X NEWYORK ニューコレクション

O&X NEWYORK令和最初のコレクションです。

カラーリングは、ブラック・ブルー・グリーンなど全5色。詳細はこれからO&Xのページで紹介させていただきます。

カテゴリー: お知らせ | O&X NEWYORK ニューコレクション はコメントを受け付けていません。

馬門の滝

茂木町にある馬門の滝で一服。紅葉の時はもっときれいだそうです。

カテゴリー: お知らせ | 馬門の滝 はコメントを受け付けていません。

小松寺

茨城県城里町にある小松寺。ここは平清盛の長男、平重盛(通称小松殿)の遺骨が葬られているお寺だそうです。

この階段を昇ると重盛公のお墓があります。途中から急な階段になり一部破損していたため結構スリルありました。

重盛公のお墓のようです。なんか後光がさしているような。

平貞能(たいらのさだよし)が重盛の妻を伴い、重盛の遺骨をいただいて、この地の落ち延び出家したといわれているそうです。

下りの階段は結構スリルあります。

水戸光圀公お手植えの枝垂桜があるそうです。「今一度春にでも参ろうか」と思います。

カテゴリー: お知らせ | 小松寺 はコメントを受け付けていません。

平成最後のアユミレギュラーシリーズ「048」

平成最後のアユミレギュラーシリーズ「048」です。

定番のウエリントンタイプ。フロント上部にはシャープなカット面を持たせ、耳掛け部分の部品には、流れるような大ぶりな波型カットが入っています。

カラーはcol7097 ブラック/BRツートン。不動の人気col0907アユミブラック・col5122アユミブルーの3色です。

カジュアルはもちろん、ビジネスシーンでも、頼もしさの中にある優しさが表現されるデザインです。

カテゴリー: お知らせ | 平成最後のアユミレギュラーシリーズ「048」 はコメントを受け付けていません。

平成最後のアユミライトシリーズ「L1032」が入荷

平成最後のアユミライトシリーズ「L1032」が入荷しました。

アユミL1017のすっきりとした形と、L1021の可愛らしい形とのちょうど中間というような柔らかなラインを持ち、良い意味で「曖昧」と言うような優しい雰囲気を大切にしました。

カラーは今までにない色味を使用しています。col1235 ミルキーグリーンは、まるで翡翠(ひすい)のように感じることができます。col3024/0907キハクは、琥珀(こはく)のようです。人気の薄墨桜、col1228グレィッシュピンク、不動の人気col0674アユミパープルと、col5122アユミブルーを含めた5色のバリエーションで上質感のある優しい色合いになっております。

カテゴリー: お知らせ | 平成最後のアユミライトシリーズ「L1032」が入荷 はコメントを受け付けていません。

10連休中の営業につきまして

4月27日から5月6日の連休中休まず営業いたします。お出かけ前のメガネのメンテナスなど、お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリー: お知らせ | 10連休中の営業につきまして はコメントを受け付けていません。

セルロイド眼鏡『歩』AYUMIのマコト眼鏡 すごいメーカーです

セルロイド眼鏡『歩』AYUMIのマコト眼鏡様、実はすごいメーカーさんなんです。

なにがすごいか、実はマコト眼鏡社長「増永昇司氏」のご先祖様「増永五左衛門氏」が初めて「鯖江」に眼鏡産業を持ち込んだ方です。そのご先祖様が「鯖江」に眼鏡産業を持ち込まなかったら現在のような、高品質な国産メガネが生まれてこなかったかもしれません。そしてメガネサロンみなばの「ジャパンプレミアムサバエブランド」も無かったかも。

さらに、その当時(明治38年ころ)メガネといえばジュエリーなどと同じ高級品。一部の人だけが使えるものでした。増永五左衛門氏の尽力により、多くの人が使える実用的なメガネが登場しました。

そんな、増永五左衛門氏の血を受け継いで、誠実な姿勢でメガネを作られているマコト眼鏡の「歩 AYUMI」。「歩 AYUMI」を取り扱えていることは、メガネサロンみなばの誇りでもあります。

「歩 AYUMI」のことは、メガネサロンみなばまでお問合せ下さい。

 

カテゴリー: お知らせ | セルロイド眼鏡『歩』AYUMIのマコト眼鏡 すごいメーカーです はコメントを受け付けていません。